全ての女性は何歳になっても最高の美しさを求めており、美容整形を受ける方も増えています。
美容整形でしたらあらゆる美容の悩みを改善することができ、人生を前向きに進んでいくことが出来るでしょう。 少し前までまだ手術設備も十分に整っていなく、また手術の時に行われる全身麻酔による身体へのダメージがありました。
今では多くの方が自分の理想を叶えており、ほとんど傷跡を残すこと無く顎の美容整形が可能になってきています。

 

現在では、肝心のあごの整形手術に必ず必要となってくる骨きりの技術も飛躍的に向上しているので安心して受けられます。
個々が望むあごの形やバランスをその結果、実現させることが出来るようになったのです。理想的な小顔を実現することが出来るかどうかは、実は顔の輪郭というのが大きな影響を与えることになります。
この顎の美容整形の歴史は古く、今では一般的に行われていますが1970年代から日本では行われています。



顎の整形術で理想的な形を作れるブログ:2018-11-19

最近、盛んに言われている「食育」。

食育って、
これからの娘達にとってとてもよい事だとは思うのですが、
ふ〜む…本来「食べる」ことって
すごくシンプルな事なんじゃないかしら?と
思ってしまいます。

それこそ、
戦争中などは「食べる事=生きる事」だったわけで、
食べられるものは、
何でもクチにして「生きていく」事に必死だった時代ですよね。

それが段々、
豊かな食材と溢れ返るごちそうに囲まれるのが当たり前になって、
クチを開けば何か必ず入ってくる…という毎日。

今の日本で、
「生きるために食べる」という意識を持って
食べる事をする人って何人いるのでしょう?

生まれたばかりの赤ちゃんは、
本能的に「これを飲まなきゃ死ぬのだ!」と、
お母さんのおっぱいにむしゃぶりつきますよね。
そんなシンプルなところから「食」がスタートするわけです。

ところが、
そうやってみんな成長したはずなのに、
6時ご飯を食べずに学校に行ったり、
塾通いで忙しいせいで家庭で夕食を食べることがない…という
娘達が多いのだそうです。

学校に行き、塾でクタクタに頭を使い、
家でをご飯食べない(食べることができない)、
そんな娘達が実に多いこの現実…
オレは悲しくて仕方ありません。

本来、食べる事をしてると
自然に「楽しい」顔になるはずだと思うんですよね。

素晴らしい食材を使った豪華な食べる事でなくても、
自然に笑顔が出てくるような雰囲気がおかずとしてあれば、
たとえおかずがフリカケだけだったとしても満足できるのではないでしょうか?